よるにゆるりと

本をよむこととふらふら歩くことがすきです。

ことばの通じない場所をひとりで旅するということ

 

「英語話せたっけ?」

 

わたしがヨーロッパに行く話をすると絶対にされる質問。

 

それくらい、他言語を話すって日本人にとって馴染み薄いもの、関係のないものという認識なんだよなあと今はすごく思う。

 

あくまでも学校で習う科目のひとつに過ぎなくて、受験が終わったらもうたずさわらなくなる人だってたくさんいる。

たまに道で外国の方に話しかけられたりするだけで、ちょっとした話のネタになるくらい特別なもの。

話せたら便利だよね、必要だよねって思っても、わたしにとって英語と関わることって日々暮らしてゆくなかにおいては全然想像ができないものだった。

 

だから毎回聞かれる質問の答えは「ほとんど話せない。」

出発するときにわたしが持ってた語学力なんて、本当に本当に最低レベルのフランス語と、あとは義務教育で学んだ遠い遠い記憶の彼方にある英語。

わざわざ海外に、それもひとりで、5週間も行くんだからってちっとも信じてくれなかったけれど、でも本当に話せるレベルじゃなかった。

 

だけど旅をするって決めたときは、英語が完璧に話せるようになるまで行かないなんてことはちらりとも考えなかった。

それよりもとにかく見たいものがあって、感じたいことがあって、「今だ!」って思うタイミングがあったから飛び込んでみただけだった。

話せなくても何とかなるだろう、いまはスマホもあるんだし、とかなり気楽な気持ちでいたことを覚えてる。

 

実際に、ただ「旅をする」という面において語学力はそこまで問題じゃなかった。

その国の「こんにちは」「ありがとう」「おいしい」だけ移動中に覚えて、あとは「Can I~」と「I want to~」、「Please tell me~」を駆使して単語を連発する。

これで旅のあいだに困ったことは、ほとんどなんとかなった。

 

f:id:timmit:20171115234716j:plain 

 

だけど、それではあまりにもつまらなかった。

泊まったホテルは殆どユースホテルだったから、同室にはいつもいろんな国から来た旅人がいて、リビングやキッチンではあちこちで交流会が行われていた。

そこでの言語は専ら「英語」。

わたしも何度も話しかけてもらったけど、質問に短文で答えるのがやっとでこちらから何かを聞くことなんてとてもじゃないけど出来なかったし、答えてもらっても半分くらいしか理解できない。

すごいなあってただぼんやり見ていることしか出来なくてもどかしかったし、曖昧に笑うことしか出来ない自分がはずかしかった。

 

その恥ずかしさは、段々街中でも感じるようになっていった。

ホテルにいた彼らは旅をするくらいだから、みんな第一言語じゃなくても英語が話せて当たり前だったのかもしれない。

だけどお店の人や、道がわからなくて尋ねた街の人、基本的にほぼみんなが英語で答えてくれる。

こんなに拙くて理解もできてない外国人は、多分、日本人のわたしだけだった。

 

すごくすごく恥ずかしかった。

そんな気持ちがどんどん膨れてしまって、そうしたらわからないことがあっても誰かに聞くのが嫌になってきてしまって。

どんどん気持ちも下向きになってきて、歩くのも楽しくなくなってきてしまった。

 

だけどバルセロナに着いてふらふらしてたら、あんまりにも風が気持ちよくて爽やかで、街中がとにかくエネルギッシュであちこちきょろきょろせずにはいられなかった。下を向いているのがもったいないくらいパワーのある街だった。

高速鉄道のチケットも取らないといけないから、無理にでも話さないといけなかったこともあって、こわい気持ちよりもこの街に対する好奇心のほうが勝った。

じめじめした気持ちとはそこでさよならできた。

 

f:id:timmit:20171115234759j:plain

 

今はちゃんと文章になんてできない。

今更それはどうしようもない。

 

 だけどわたしはいまあなたに伝えたいことがあるんだ!って単語を並べて、身振り手振りジェスチャーして。

 

 

 

たくさんの人と話してみたかったんだなってそのときやっと気付いた気がする。

うまく話そうって思うから言葉が出ないけど、それでもいいからたくさんの人のことをわたし知りたかったみたい。

 

吹っ切れてしまったあとは気持ちが楽になれて、最後のパリで6泊したときは同室の子と一緒にエッフェル塔を見に行くことが出来たりしてすごく楽しかった。

 

拙くてもとにかく頭のなかにある単語を引っ張り出して、やりとりして、伝わって、会話ができて。

そういうことがこんなに嬉しいんだって、学校の授業でもっと知っておけたら良かったな、なんて。

 

最後は開き直れたおかげで前向きに帰ってこれたけど、でもやっぱりつくづく「英語が話せない」ってもはや致命的だなと思ってる。

 

日本にいるとそんなこと全く気にならないし、わたしだって戻ってからは実際に一度も英語を話していない。

 

だけど、行こうと思えば往復で10万円あれば現地に行ける。

話したり、メールでやりとりするだけならいつでもできる。

文化も、常識も何もかも違う人たちと接するってとてつもなく楽しくて刺激的って知ってしまった。

 

もっともっとたくさんの人とお話しできるようになったら嬉しいから、旅で感じた「楽しい」だけじゃなくて「恥ずかしい」「悔しい」って気持ちもちゃんと忘れないでいようと思う。

 

ふりかえりの始まり

 

帰ってきてからなんともうすぐ1か月が経とうとしている…!

思い出を噛みしめて噛みしめているうちに、記憶がどんどん抜けていってしまっているので少しづつ書き出しておこうかと思います。

 

今回私が旅をしたのはヨーロッパ、9か国15都市。

期間は5週間。

 

イギリス(ロンドン)、ベルギーブルージュブリュッセル)、ドイツ(ケルン、フランクフルト、ミュンヘン)、チェコプラハチェスキークルムロフ)、オーストリア(ウィーン)、イタリアヴェネチアフィレンツェ、ローマ)、バチカンスペインバルセロナ)、フランスマルセイユ、リヨン、レンヌ、パリ)

 

…まあ、落ち着きもなくふらふらとよく回ったなあと思います。

 

基本的には陸路を使ってぐるりと。

電車に乗っていた合計時間とか計算したらなかなかにお尻が痛くなるのではないかと思います。

 

荷物は20㎏弱のスーツケースとサブバッグ。

スーツケースの中はお土産用に1/3くらい空いてました。

f:id:timmit:20171112231445j:plain 

総資金としては、先日クレジットカードの明細が届いたのでざっくり計算ですが、現金で持っていった分と合わせて60万くらい。

これはまあ予想内の金額だったので、そこまで無茶なお金の使い方はしなかったと思います。

 

病院に行くような病気や怪我もなく、警察や大使館に駆け込むような事件や事故にも巻き込まれず、ちょこちょこ冷や汗をかき、ちょっとした風邪とすり傷を負って無事に帰ってきました。

 

 

旅してわかったことは、ヨーロッパは夢の国じゃなかったこと。

わたしがずっと憧れていた特別な場所は、誰かにとっては当たり前の「生活する場所」だったこと。

そのなかでわたしも駆け足ではあったけど、毎日ただひたすらに歩いて歩いて歩いて、いろんな国のいろんな人の生活をのぞき見て、聞いて、感じていました。

イヤホンもはめず、地図を見るのも最小限にとことん迷子になろうって決めて好奇心の赴くままにとにかく歩きました。

 

この5週間は「無駄じゃなかった!」って誇れる何かになるのはまだ先のことかもしれないけど、でも「楽しかったーーー!」って帰ってこれたからとりあえずは良しとしようかと思ってます。

 

退職して、引っ越して、旅からも帰ってきて、本当に空っぽになってしまって、今はさてこれからどうしようかな、とぼんやり過ごしている毎日です。

 

次はどこの国に行こうかな。

夢の国って言われてもいいよ

 

小さい頃から本がすきで、いつでも本がそばにあって、

なかでも冒険ファンタジーがいちばんすきだった。

 

父親がゲーム好きだったからか隣でよく見ていて、父の真似がしたくて同じようにRPGの世界で冒険した。

 

 

舞台はいつだっていわゆる"ヨーロッパの街並み"だった。

 

 

石畳が広がって、レンガ造りの三角屋根の建物が並んで、遠くにはお城があって。

 

いつかわたしもそのなかを冒険できたらって小さい頃はいつでも入り口を探してた。

 

大きくなった今でもあの世界は変わらずわたしにとって憧れで、風景そのものが魔法で、きらきらしてる。

 

 

 

 

だから、今でもほんとは信じていないんだと思う。

 

わたしが思い描いてる街並みで建物で、魔法なんかじゃなくて、当たり前に人が生活してるってこと。

 

写真やガイドブックはたくさんたくさん見たけれど、それでもまだ信じきれてない。

 

ぜんぶまるごと夢の国なんだよって言われてもああやっぱりそうだよねって多分納得してしまう。

 

そんな憧れて憧れてやまない場所。

 

実在するんだなあってたぶん何度も何度も思うと思う。

もしかしたらがっかりもするかもしれない。

 

だけど、とにかくずっと憧れていた場所に行けるということ。

 

わたしの人生のなかの、夢が叶う瞬間に立ち会えるのはわたししかいないんだから、感性おっ広げてぜんぶぜんぶ受け止めてきたいと思う。

 

 

 

出発は、明日です。

 

 

 

 

 

100均で旅グッズを買ってみた

出発まで気が付いたらもう1ヶ月を切っていた…!

 

退職から旅立ちまでのスパンが短すぎてどっちに力を入れたらいいかわかんなくて、なんだか最近いつもぼーーっとしてます。

多分これは現実逃避というものだと思います。

 

いまは航空券を取って最初の宿の確保だけしてとりあえず一旦寝かせている状態。

図書館で借りてきたヨーロッパ各地のガイドブックが枕周りに山積みになっているので、もしかしたら枕の下にすきな人の写真入れて寝たら夢の中でも会える的なあれになっているかもしれない。

 

さて、これだけ長く旅に出るのは初めてのことなので必要なものもたくさんあるだろうと、世界一周をされている方々のブログを手当たり次第に読み漁る日々。

 

わくわくが募ってきたのでとりあえず使いそうなものをダイソー様で買ってきたので、書き連ねておこうかと思う。

 

実際使わないものもあるかもしれないし、もっと買っておけば良かったーってなるものもあるかもしれないけど、初めてなので!初心者なので!🔰

 

 

 

f:id:timmit:20170820233005j:image

飛行機グッズ。

定番とされるアイマスクは顔が潰れるからあんまりすきではないのでやめとく。スリッパは最初ビーサンとかでも楽でいいかなあと思ったけど靴下でビーサンってちょっとださいのでなし!ぺたんこ靴でいけちゃうかもしれないけど!

国内旅では夜行バスユーザーなのでエア枕はよく使っていたんだけど、使っていたものが古すぎたので買い直し。

f:id:timmit:20170820234434j:image

セキュリティグッズ。

何が使うかわかんないから3種類買ってみた(笑)ほんとはケーブルロックも欲しいんだけど、どうかな。これでいけるならいきたいなあ。

f:id:timmit:20170820234441j:image

タオル。

タオルは洗車用のが一枚あればおっけーです!みたいな記事を見て同じ素材のこれを購入。出発前に使ってみて良さそうだったら持っていこうかな。

 f:id:timmit:20170820234446j:image

圧縮袋。

お出かけには欠かせない。絶対必要。らぶ。

 f:id:timmit:20170820234454j:image

ウエットティッシュ

ひとつ持ち歩いてれば何かと便利?かなあと。

 

とりあえずこんな感じ!

無駄買いになりませんように…!荷物は少しでも少なくしたいけど何が自分にとって適したスタイルなのかわかんないから仕方ないね。

 

またちょっとずつ準備物などなど記録していきますー!✈️

 

旅立つことにしました

どたばた台湾ほぼひとり旅から約4か月…
我慢できずにというか、わかっちゃいたけど決めてしまいました。

 

ヨーロッパひとり旅…!

 

いつかヨーロッパに…ってずっとずっと思ってました。
でもそれと同じくらい、いつかっていつだろう、ともずっと思ってました。
空間把握能力が人より欠如していること、英語すらまともに話せない、人混みが得意ではない、お金がない…
あげだしたらきりがないくらい「行かない理由」を見つけることは簡単でした。

 

だけど、「行きたい」が、たくさんある「行かない理由」に勝つなんて単純なもので、それはやっぱり「好きだから」でした。


行くって決めたら、なんで行かなくてもいいやって思ってたんだろうってくらい毎日わくわくして。
単純志向なので行く場所すら決めてないくせに、映画や小説に出てくるヨーロッパの街の描写どれにも「今度行く場所」って思ったら親近感がわいてきちゃってすでにとても楽しい。


出発までまだあと2か月弱あるけど、備忘録もかねて記録していきたいと思います。
(台湾のときは一気に記事にしたからめんどくさかった…)

 

行きたい国はまず、フランス!
それからドイツ、イギリス、ベルギー、オランダ、オーストリア、イタリア、スペイン、ポルトガル…。
期間は1か月くらい。
出発は9月半ば。

 

これだけの状態からルート、手配関係、荷物準備、諸々…していきます。
やり方はいろいろあると思うけど、ツアーに頼るやり方は全く考えてないです。

航空券も泊まる場所も自分で決めちゃうほうが自由だし、たくましくなれそうだし、それに何よりお金がないから、自分でなんとかやってみようと思っています。

 

とにかく街並みを見ながら歩きたい。。
建物が見たい。あわよくば美術館、コンサートも行きたい。

美味しいもの食べたい欲はそこそこです。
買い物欲は皆無です。

 

旅の目的はわりとシンプル。
拙すぎる英語力と、さらに拙いフランス語でもいいから誰かとおしゃべり出来たらもっと楽しいかもしれない。

 

まずはルート決め。
行きたい国のなかでも都市ごとに分けたらもっと膨大になるわけで、一か月で行くのは妥当なのか無謀なのかもわからない。
そもそも何で移動するのかもよくわからない。(そこそこ安全でとにかく安いのがいい…!)

 

自分で全部決めたい半分、話を聞いてくれる相手もほしい半分…というわがまま心で揺れ動いていたところ、会社にひとり旅の大ベテランがいることがわかりました。

一人は女性でスポーツがすきで現地で見るために飛び回っている方。
もう一人は男性でこの方はもう世界中を旅しつくしたのでいまは各国のお祭りを見るためにあちこち旅している方。

二人とも楽しく旅をされている方たちなので、話をきいているだけでも「わたしもわたしも!」という気持ちになれてすごくありがたくてだいすきな先輩方です。

 

「旅をするため」ではないけれど、いまの会社は辞めてしまうからこういう素敵な縁は切らずにいたいなあ、なんて少ししんみりしてしまったりなんかして!

 

 

 

失敗も余計なこともばかなこともたくさんで読んでくれる方からしたら、はらはらさせてしまうことばかりだとは思いますが、とにかく旅に出ることにしたよ!という意気込みブログでした。

f:id:timmit:20170717192054j:image