読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よるにゆるりと

黒とか白とかグレーとか

『魔女の宅急便 その3』

みんなが知ってる魔女の宅急便
だけど、このおはなしが実はシリーズものだということってそこまで知られていないような気がします。
元々、連載ものということもあり短編形式。
それが集まって全部で第6巻まであります。
一巻ずつキキちゃんが成長していく姿が描かれているのですが、今回わたしがご紹介するのは第3巻。
魔女の宅急便その3 キキともうひとりの魔女」


16歳になったキキ。
コリコの街にも、宅急便の仕事も、第2巻から始めたくしゃみの薬づくりにも少しずつ慣れてきたところです。
そんなところになんでも出来ちゃう自信たっぷりの小さな女の子があらわれます。
魔女のしるしってなんなの?
変わらないことってそんなにえらいことなの?

と、キキがこれまで正しいと思って過ごしてきたものをくるくると惑わしていきます。

例えば、魔女はひとつの街に1人しかいちゃいけないという教え。
わたしがいたいんだからそんなのどうでもいいの、と、けろっとした顔でどんどん街に馴染んでいってしまう姿にキキは不安になっていくんですね。

それから、とんぼさんへの気持ち。

自分でも自分の気持ちがわからないのにじくじくする気持ちばっかり膨らんでどうしようもなくなっちゃう。

 

わたしはここにいていいのかな、いる必要があるのかな。

自分にどんどん嫌気がさして落ち込んでいっちゃう。
負のループから抜け出せなくなってしまうことって誰にでもあって。


でもキキはみんなに明るくて元気な魔女さんって特別な存在だって思われてる。
自分でもそんな自分でありたいから、余計に苦しくて。

「人ってときどき、ゆううつと仲良くなりたがるのよね」って。
そんな風に言われてしまって。

そんなことないって思うのに、それすらどうしたらいいかわからなくなってしまう。

自分を見失っていってしまうキキに思わずずきずきはらはらしちゃいます。

 

だけど、最後にキキはやっと自分のことを取り戻すのです。
少し荒療治な気もするけど、自分は自分でそれは絶対に確かなことなんだってわかるときは少しほっとします。

 

魔女の宅急便」はただのかわいい魔女っ子さんのおはなしなんかじゃない。
魔女だって普通の女の子で、普通に悩んで苦しんで前に進んでいかないといけないんだなあというのが感じられるおはなしです。

 

映画のなかでは曖昧だったとんぼさんとの恋も物語のなかでちょこっとずつ進んでいくところも楽しめるかも。

 

少し真面目で頑固でとっても頑張り屋さんなキキのことが凄く愛おしいし、ずっとそばにいる哲学屋なジジがむちゃくちゃ可愛い。

 

わたしに小さな子供がいたら毎日一話ずつ読み聞かせしたいなあとまだかけらも予定のない未来を思いを馳せてしまうだいすきなお話です。