よるにゆるりと

黒とか白とかグレーとか

台湾ひとり旅 その2

続きです!

 


そしてお腹も体も良い感じになったところで本命の九份へ!駅からバスが直行で出てるので楽ちんっ。バス停の場所がわからず客引きタクシーの運ちゃんに教えてもらう…!やさしい(笑)支払いも悠遊カードでピッで終わりなのでここも楽。帰りのぶんのチャージは必須です。

そしてこのバスが今回いちばんのどきどきポイントでした。スピードが速い、というのは聞いていたけどミシミシガタガタが凄くて!途中で分解したらどうしようかとはらはら。帰りのバスもなかなかのミシミシ感だったから大体こんな感じ…?うとうとしかけて揺れで窓に頭をぶつけるという流れを何度も繰り返しすっかりたんこぶを作ってしまいました。ふへ。


山の上まで登ったらみんなが降車するので流れに乗って降りてみたらそこが九份です。
雰囲気でいうと浅草の仲見世通りの幅を三分の一くらいにしたような感じ!
人の山とわいわいしたお店。たまに猫ちゃん。
欲望のままに食べたり横道それてみたりぼーっとしてみたりして。
もちもち好きとしては芋頭圓、最高でした。らぶ。
そろそろ帰ろっかなーってタイミングでライトアップされたので、九份で最も有名な撮影スポットへごーごー。
千と千尋ね◞( 、*´▿`)、

よく見る光景だーーーってぱしゃぱしゃ撮ってきました。完全に夜!ってわけじゃないけど、それでも綺麗。良き良き。帰りの激混みのバスになんとか乗り込んで戻りました。

中心部へ戻ったら夜はやっぱり夜市でしょーー!といちばん大きな士林へ。

ぷちんってするもち米の間に甘辛な味付けのソーセージが挟まれたものや、牡蠣卵焼き、魯肉飯などなど美味しく歩き回って、最後に杏仁スープ。タロイモ団子にタピオカなどなどたっぷり入って甘くておいしーっ!


幸せのお腹で帰路へ。ただ帰りにコンビニのぞいたらどうしても見逃せないものが…。

この陳列気になりすぎ!まんまとひとつ買いました。味玉っ。日本のものとは違う味付けですよん。これいくつか買って持って帰りたかったなー。

1日がっっつり動いたのでさくっと就寝。
最終日は朝ごはんで有名な阜杭豆漿に元気よく到着!したものの定休日だった!ので台北駅まで歩きつつ朝ごはん調達。適当に歩いててもなんかしら屋台出てるし安いし美味しいしで最高。調べずに食べたものたくさんあるけど、この値段で良いんですかってくらい、外れなしでした。どれもおいしくて常にお腹ぱんぱんだったけど、まだまだ食べたいものいっぱいあったよーーー。胃袋足りない。切ない。

 

台北駅周辺を散策してふらふら歩いて、空港へ。少しお金が余ったので最後にタピオカミルクティー。

おいしい、幸せ。
お昼過ぎの便で帰ってきました。

 

 


長い………(笑)
ひとりで行動するの普段からもだいすきだけど、どきどきは絶対的にあって。だけど、思っていたより、わたし、図々しく生きれたし、何でも楽しめた。
楽しかったし、なんといっても美味しかったー!っていう感想しか出ません。
はー!また行きたいなー。
台北、らぶーー。


最後にいちばん気になった写真で。

自撮りしてる………?