読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よるにゆるりと

黒とか白とかグレーとか

「誰にも会わない」という予定をつくってみた

 

GWが終わってしまいましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
人によっては9日間、あるいはもっと…?
休みなんてない、という方もいらっしゃいましたよね。おつかれさまでした。

 

わたしのGWはカレンダー通りに5日間。
基本、週末のうちどちらかは遊びに行ったり、ご飯に行ってひとと会ったりしているのですがこの5日間わたしは、あえて誰にも会わない、という予定を立てました。

 

それは4月末大きな仕事をひとつ終えたばかりで少しゆっくりしたいな、という気持ちがあったことと、もう少し自分のこと考えてあげたいな、と思ったから。

 

なにをしたら自分が楽しくいられるんだろう
どう過ごしたら心穏やかにいられるんだろう

 

頭ではいつもわかっているつもりだったけど、じゃあ実践しているか、というと楽なことに流されがちであんまりできていない。

できていないってことはそれがやりたいことなんじゃないの?
とも思うのですが、明らかに気持ちも身体も喜んでないんですよね…。

というわけで、普段きちんとやりたいと思いつつちょこちょこさぼりがちだったことから目を背けないでたっぷり贅沢に5日間を過ごしてみました。


▼部屋をきれいに保ってみる

実家にいたときは気が付かなかったけど、わたしは自分のテリトリーは大切にしたいタイプのようなのです。
だけど気持ちに余裕がないとやっぱりおざなりになりがちで、そんな自分のことすごく嫌だなって思って蓋をしてまた汚れていって…という負のループ。

これはどっかで断ち切らにゃあかん!と元々ものは少ないほうですが、さらに減らしてみました。

わたしが一人暮らしを始めてから大体1年経つのですが、その間使わなかったということはもうそれは当面必要がないと判断してさようならしました。
自分がもっているものは全部わかっておきたいし、どれも愛着を持っていたい。
持ち物は少ないほうだと思うけど、まだまだシンプルに生きられるとわかってすごく嬉しくなりました。

▼食べたいものに忠実になる

 

1日は三食だから、とか、栄養バランス、だとか。
ちゃんとしなきゃという気持ちが強すぎてここ何週間か「食べるということ」がわからなくなっていました。
何が美味しいかもわからないし、何を食べてもお腹いっぱいにもならない。
良くないのはわかっていても、わからないことに時間とお金をかけて向き合うほど余裕もない。
なので、とりあえず食べたいと唯一思った「大根の煮物」をひたすらに食べておりました。
王道の和風、トマトべースの洋風、今度はお酢を入れたさっぱり和風、それからしっかり中華風。
たっぷり味が染みた大根を美味しいなあと思いながら食べられたので、また食べることを楽しめそうで嬉しくなりました。

▼何でもいいから運動してみる

 

運動については、とにかく意識しないとだめで、すぐやらない言い訳を見つけてしまうから朝は起きたら「ラジオ体操をする」って決めました。

毎朝、半分寝ながら始めるのですが、終わるころには目覚めているから本当に良いです。
第一だけなら3分くらいで終わるのに全身運動できてるってラジオ体操すごい。
いったん動き始めたら気持ちものってきてそのあとは筋トレしたりストレッチもできて、身体もすっきりしていくのがわかって嬉しくなりました。

▼できる限りインプットをすること

 

勉強をすること、本を読むこと、映画を観ること。

ひとつ資格を取りたいな、と考えていて。せっかくなので5日間しっかり向き合ってみました。
働き始めると自分のために勉強するってなかなか難しいですよね。
だけど、いいなと思っていることだったり、興味があったりすることだから、ただただしんどい…というわけではないところが学生のときとは少し違うかな。
去年はへーーーー!!というたくさんの発見とともに世界遺産検定をとれたので、今回も好奇心のみで試験日まで突っ走ってみようかなと思っています。

映画ももう一度観たいな、と思っていたものと、新しく出会えたもの、どれもよかった。
視覚も聴覚も使ってガンガンに訴えてくる感じ、本を読むことで得られるものとは
また違ってとてもすきです。

それからもちろん読書!
ここ最近滞りがちだった「本にたっぷりふれたい!!!」という欲に最も忠実だったので出来うる限り読み続けました。
大好きな児童書も、小説も、自己啓発系も、新規開拓のためのレシピ本もたくさん。
面白い本にも、好みに合わなかったものもあったけど、どの本に出会えても感じたことをわたしなりの言葉にしてみたいと思うようになりました。

まえはため込むばかりでそれを外に出すことが嫌いだったけど、最近はこんなにたくさん素敵な言葉たちに出逢えているのだから、わたしもわたしなりのやりかたで言葉を伝えてみたい、と思えています。

それを再確認できたから嬉しくなりました。

 

 


すべての項目で「嬉しくなりました。」で終われました。

わたしは、わたしが「こうでありたい」と思える姿に従って生きていくことが最高にだいすきだし、楽しいなと実践して確かめることが出来ました。
暇を持て余して飲みに行ってしまうかなと始まる前は思っていたのに、毎日やりたいことがたくさん出てきて一日がとても24時間では足りなかった…!ことにもびっくり。

外に出かけることもだいすきだけど、とことん自分に向き合ってみたら自分の取り扱い方が前よりわかった気がして少しだけ、生きることが楽になった気がします。

大型連休、こんな使い方もありでした。

おしまい。